早漏をクリアするためにあなた一人でできる3つの解決案

早漏を何とかするために自分自身でOKな3つのソリューション

 

学校時代からプライベートな悩みの1つが早漏、性生活において現実的なことは学習を考えてどうにかなるのですがそのポイントだけはなかなか射出できずにいらっしゃいました。

 

社会人になってできた恋人が相手でも進展なし・・・。

それなりに相手が魅力的だからと言い訳も可能でありますが、こりゃまた恋人が制限無しで果てないのが男の立場での本分だとずっと思いつつ、それができないでいる自分自身が歯がゆくて仕方がありませんでした。

 

ずっと一日中そんな事ばかり考えているわけでもないけども、デートの度にジワジワとナーバスになっていきセックスに対してもジレンマが募るようになってくるんです。

「このままでは正常化できない!」

と思い立ったのは30才前になった今話題のことが要因です。

 

ある時期を境にアグレッシブに取り組むようになったのですが、それは当時の彼女のジリジリげな表情を見た時です。

 

けして口には出さないし、そのお蔭で別れるとも言い切りませんでしたが、彼氏なりにストレスが溜まってきたんでしょう。

人として普通に性欲もあったでしょうから、私との行為が物足りないと思っていたのは雰囲気でわかりました。

 

このままでは他の男性に行ってしまうかもしれないという不安が急に芽生えました。もちろん彼女には黙ってですが、自分の考えでできることを色々と試しました。それらの中でも特に効果を感じた3つの早漏対策をご覧下さい。

 

心因性の早漏にはオープンになるしかない!

これは早漏であるという危機感がちょっと前立ち、そして悪化してしまうことを言うのだと言われています。

 

多分気がついた時がこのまっ只中、とにかく気にかけか胸中に浮かばない状況でしたから気力を変えることが重要でありました。

 

きにかけも現状が現状、ならば開き直るしかないと考えました。早漏かも知れない、ではなく現に早漏なのですからそれとチョイスすることです。

今は早漏だけどこれから快方に向かうという意識にトライました。当然自分の思いだけの話、彼女には口が裂けても言えませんね。

 

ごく稀に中折れのようになることを見い出すことができた。

だから急ごうとしてスピードアップする、これも心因性の一種の通りです。

こうなってしまえばなかなか回復しないのですね。焦れば焦るほど深みにちょうど良い行き詰まり状態のようなものです。

しばらくの間は正直に言うようにしました。

「ごく少量調子が悪いから今日は中断しよう」

 

完璧に勇気がいるのですがそうしたら早漏をまず克服することが先決でしたから。

 

過敏性早漏は日々の訓練でガマン出来る

これは言わずと感度が良すぎて早いことだけど、包茎の方はこのバリエーションが多いみたいですね。

亀頭部位の刺激に我慢できないことで射精が早まるのがノーマルなんでしょうが、スタートした時はスキンを繰り返すことで感度を鈍らせる事になります。

しかしこれだとまた中折れに繋がりかね含まれていないね。

 

要は鈍感になるものですからバランス感覚がどうしたら良いかわからないのです。

私は仮性包茎でも一時的でしたから亀頭スポットを鍛えればいいのだと考慮し、一般的な乳液やローションを使って訓練しました。

考えたのは本当のセックス時よりも過敏になる状況に設定してオナニーで慣れさせるという行い方によりす。

 

それにいくらかは耐えられるようになれば本番でも長持ち可能だと踏んだわけです。手さぐりの末、時間は掛かったものの一歩一歩効果が現れるようになって伺いました。

 

プラスしてPC筋の稽古の時、肛門あたりに真面目に締めたり緩めたりを何回もする方法、ありゃあ効果があったのはもちろん、ほんの少しサイズそれ自身も大きくなったような気がしました。

 

勃起時の勢力が出てきたのでサイズにも悪影響を齎してくれたとも考えられますね。事実上の早漏対策としてにはなかったが自信を持つという意味ではヒントだったかもしれません。

 

イメージトレーニングの時をすることも早漏解決方法になる

これは意識の中でいかに冷静に興奮度を保てるか、射精に至るまでのマネージメントが意識的にできるかの問題ですね。

 

冷めすぎてもよくありませんし、高ぶりすぎると当然早く済んでしまう。あれまあ相手を思いやることを最優先することでグレードアップするしかないと思いました。

 

オリジナルのことで頭がいっぱいになるとどちらかおおきくなり過ぎるので、とにかく相手をじっくり観察し相手の欲求を先回りしながら進めることだと思うのです。相手が感じることだけを念頭に、そのあとに自分の快感があればいいという固定観念です。

 

虚勢を張るのではなくある意味奉仕する気持ちでしょうか。今では当たり前みたく思えることですが、若い頃しかも早漏で頭を痛めていた頃はそう思う空きスペースが皆無でした。

 

自分の快楽優先、それではうまくいかないことがわかり始めてきたのかもしれませんね。相手を満足させられるかどうかはけしてペニスの大小や持続力だけではない、そう思えばできることはたくさんありました。

 

関係するまでにできる限りのことをしてあげる、ライバルが反応し始めてからさらに尽くしてあげることで挿入しないと満足できない、させられないと希望していたセックス観がかなりなってしまったのです。早晩できたことは大したことではなかったとも考えられます。

 

でもそれが自分なりにできる努力と思ってやった結果、そのあと心と体に少しづつ余裕ができて今はあまり不安がなくなりました。もちろん今でも人並みかどうかはわかりません。

 

ただ、円満な性生活にはなりつつあり、十分満足しています。